世界最大規模の「東京ゲームショウ(TGS)」が、3年ぶりにリアルイベントとして復活した。参加団体数は600以上と、リアルイベントとしてはコロナ禍前と遜色ないレベルとなっている。今回は、2022年9月15日に開催されたビジネスデイに参加してきたので、さっそく人気の大手ブースを中心に注目タイトルを紹介しよう!

コミケPlus編集部の情報サイト オタスポガイドより】

大型イベントで日本初披露の「Meta Quest2」や大人気メーカー「セガ/アトラス」に注目!

「東京ゲームショウ・Tokyo Game Show(TGS)」は、コロナ禍以前は毎年千葉の幕張メッセで行われていた世界最大規模のゲームショウ。一般的なゲームの発表会や物販だけでなくビジネスデイも設けられており、個人制作のゲームが大手プラットフォームの目に留まるなどのゲームドリーム的な要素もある。

そこで筆者は、2022年9月15日のビジネスディに参加してきたので、そこで実感した注目のブースやタイトルを紹介していこう。

●東京ゲームショウ(TGS)公式サイト→こちら

■東京ゲームショウ2022の概要

【会期】2022年9月15日(木)~9月18日(日)
【ビジネスデイ】9月15日(木)10:00~17:00/9月16日(金)10:00~18:00
※9月16日(金)は14時から一般来場者も入場可

【一般公開日】9月17日(土)10:00~18:00/9月18日(日)10:00~18:00
※14時から入場できる「午後券」も発売予定 ※状況により9:30に開場する場合があります

【リアル会場】幕張メッセ
【チケット】
・1日券 各日 2,300円(税込)※9月17日・18日 10:00~18:00>(中学生以上のみ)
・午後券 各日 1,300円(税込)※9月16日・17日・18日 14:00~18:00>(中学生以上のみ)

■「Meta Quest(めたくえすと)」ブース

「Meta Quest」ブースは、日本で初めてVRゴーグル「Meta Quest2」を体験できる大規模イベントということで、開場直後から長蛇の列ができていた。Meta Quest2が発売されてから1年以上が経過しているが、まだまだ体験していない人が多い証拠だろう。

ブース内では実際にMeta Quest2を試遊可能で、体を動かして操作する音ゲー『Beat Saber』や、ハイスピード剣戟アクションが楽しめる『アルタイルブレイカー』など、数種類のゲームタイトルから選択可能だ。

ただし、短時間の操作でも没入感があるため、どうしてもプレイ時間が長くなりがちなので注意したい。

「Meta Quest」ブース

会場からすぐに大行列となった「Meta Quest」ブース。Meta Quest2は3Dゴーグルを装着して試遊するため、ブース内の囲まれた空間での利用となる(筆者撮影)

人気タイトル『MONG US』の展示

囲まれたブースの外側には人気タイトル『MONG US』の展示も。キャラクターが実物大なのか気になる……(筆者撮影)

●TGS特設サイト→こちら

■「セガ/アトラス」ブース

日本の人気メーカー「セガ/アトラス」では、これまた世界中で大人気のタイトルがプッシュされている。

まずセガブースでは、ハイスピードアクションが売りのソニックシリーズから『ソニックフロンティア』、龍が如くシリーズの舞台を幕末時代へと一新した『龍が如く 維新! 極』を会場内で試遊することができる。ブースには、ソニックの超巨大バルーンが設置されているので、遠目からでもすぐ見つけられるだろう。

さらにアトラスブースでは、ペルソナシリーズの『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』の展示&試遊台が設置されている。『ペルソナ3』からタナトス、『ペルソナ4』からイザナギ、『ペルソナ5』からアルセーヌと、3体のペルソナが実像化され、多くの人の注目を浴びていた。

試遊も気になるが、展示物を見ているだけでも楽しめるのが、セガ/アトラスブースの特徴だろう。

「セガ/アトラス」ブース1

セガとアトラスの共同ブース。やはり世界中で人気の高いソニックが目立っている(筆者撮影)

「セガ/アトラス」ブース2

ソニックのバルーンはこの巨大さ! 背景の光の演出もスピード感があってかなりの大迫力だ(筆者撮影)

●TGS特設サイト→こちら

続きはオタスポガイドで読む

元記事を読む