そんなに稼げるの!? 副業の「動画編集」、アンケート結果から驚きの月収が明らかに

合同会社ケーエスが運営するサイト「長谷川敬介 -カメラマン-」は2022年3月、「動画編集の副業はいくら稼げる?」についてのアンケート調査を実施。10代以上の男女100名から回答を得た。

SNSでは、Tik TokやInstagramのリールなど、動画を主とする投稿が増えている現状があるため、編集作業が苦手で外注したいという人や、広告目的で動画製作したい企業も増えていることだろう。では、その動画編集を副業としている人たちは、どれくらい稼いでいるのだろうか。

副業に選んでよかったことランキングから発表!

パソコンや動画編集作業が得意な人にとっては、楽しみながら簡単に稼げる副業のようだ(「長谷川敬介 -カメラマン-」調べ)

まずは「動画編集を副業に選んでよかったことランキング」から発表していこう。

5位は「パソコンがあればできる」で5人、4位「好きな場所・自宅で仕事ができる」12人と、その手軽さが挙がった。コメントでは「家でパソコン一台とソフトさえあれば作成できるので、初期費用がそこまで掛からずに始められたのでよかった(20代女性)」や「自宅で副業ができることです。会社にバレにくいので(いつバレるか不安ですが)自分のペースで副業が出来ます(40代女性)」などの声が寄せられた。

そして、3位は「簡単・楽しい」15人、2位は「上達・スキルアップが楽しい」17人と、パソコンや動画編集が趣味の延長線上で楽しいといった内容が続いた。「楽しみながら仕事が出来ますし、収入に繋がらなくても友人の結婚式やパーティなど色々とスキルを活かせる時があります(40代男性)」や「動画編集の知識・技術が身につくので、私生活にも活用出来ます。特に子どものイベント事では動画を編集して後で家族で楽しんでみられる所が良い(30代男性)」というコメントもあり、副業で付けた知識をプライベートに活かしている人も少なくないようだ。

そして、堂々の1位には「好きな時間・スキマ時間にできる」が輝いた。24人から投票があり、「本業の隙間時間で作業可能なことで、日によっては職場にPCを持ち込んで作業することも可能です。また、スキルに応じて価格交渉が可能で単価アップが早い(40代男性)」や「文字サイト情報から動画情報サイトへと時代がシフトした事による爆発的『需要』に仕事が豊富にある(40代男性)」といったコメントが寄せられた。

気になる動画編集業務の月収は!?

頑張れば平均月収100万円も夢じゃない!?(「長谷川敬介 -カメラマン-」調べ)

「動画編集で使っているソフトは何ですか」という質問で最も多かった回答は、「Premire Pro」だった。56人が使用しており、ダントツ人気な結果に。以降は「Premire Pro After Effects」11人、「After Effects」6人と続き、「その他」は27人だった。調査によれば使用ソフトと月収の相関関係は特に見られなかったというので、ユーザーにとっての使いやすさや好みで選べば良さそうだ。

ではいよいよ、気になる「動画編集の平均月収」の発表だ。なんと、月平均で「50〜100万円」も稼いでいる人が1人ではあるが存在した。本業に匹敵するか、それ以上の収入となっていそうだ。他には「10〜25万円」が7人、「5〜10万円」が18人。そして、ボリュームゾーンとなっているのは74人が回答した「〜5万円」で、本業プラスアルファ程度の収入にとどまっているようだ。なお「動画編集の最高月収」では、「100万円以上」と回答した人が2人もいた。

動画編集は、頑張ればたくさん稼ぐことも可能な“夢のある副業”と言えそうだ。収入を増やしたいと考えている人は、副業の候補として動画編集を検討してみるのも面白いかもしれない。

出典元:動画編集の副業はいくら稼げる?100人アンケート調査【長谷川敬介 -カメラマン-

元記事を読む