<海外バイラル動画>「私は何も信じない」 超最先端アンドロイドはここまでスゴイ!
こんなアンドロイドが日常に馴染む日も…?(画像はYouTubeのサムネイル)
こんなアンドロイドが日常に馴染む日も…?(画像はYouTubeのサムネイル)

映画『ターミネーター』のような世界が、いつか現実に…? そんな不安を多くの人に抱かせるアンドロイド、アメカの映像をご紹介したい。

つい先日のこと、世界中の多くの視聴者に愛される「Interesting Engineering」「CGTN America」といった人気チャンネルが、YouTubeで興味深い動画を公開した。後者が公開したインタビュー(ショート動画)の内容は、以下の通りだ。

インタビュアー:あなたは神を信じますか。
アメカ:私は何も信じたりしません。
インタビュアー:あなたのお名前は?
アメカ:私の名前はアメカよ。あなたのお名前は?
インタビュアー:マイケルだよ。

これに続きインタビュアーが「僕のほうを見てくれますか」と普通のスピードで声をかけると、アメカはそれを理解し視線をインタビュアーに向けてみせる。「ジャケットの色は?」と聞くと「黒に見えるわ」と答えるが、実際には濃紺だった。「僕の髪の色は?」という質問には「ハッキリとしたことは言えないけれど、茶色かしら」と見事に正解した。

続いて「僕は腕時計をつけているかい?」という質問には「ええ、(搭載してある)カメラにはちゃんと時計が映っているわ」と答えた。

またこの通り髪がないアメカだが、インタビュアーによる「君の髪は何色?」という質問には「それはお答えできないの」と回答。「私に感心したかしら?」などと質問しインタビュアーを驚かせる一幕もあった。

物を見て判断する能力、質問を正しく答え、聞き返す能力、色を判断する能力など、驚くほど高度に進化している。過去にも人間によく似たアンドロイドがつくられ話題を集めたが、これほど進化したタイプも珍しいのではないか。最近ではどんどん人に近いアンドロイドなどの製造が進み、肌がやや暖かくなるなど“人間っぽさ”にこだわったタイプもあるもようだ。

動画:CGTN America『https://youtu.be/OASTvqNGspE』Do androids believe in God? Watch our interview with Ameca, a humanoid

画像:Interesting Engineering『YouTube』A conversation with Ameca

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらもどうぞ!】
シュワもコロナワクチン接種 「生きたいか? 俺様に続け」と呼びかける
「コロナ禍で自由を語る奴はバカだ」 シュワが感染予防に無関心な国民に物申す
ファイザー→ファイザー→モデルナ副反応は想像以上? 国はファイザー製ワクチンの在庫確保を
絶体絶命の崖の道路で… 危険すぎる切り返しに挑むドライバー
「結婚式は『タイタニック』をテーマに」 マニアックな婚約者と激突した人物のお悩み相談で掲示板炎上 

投稿 <海外バイラル動画>「私は何も信じない」 超最先端アンドロイドはここまでスゴイ!エトセトラ・ジャパン<Etcetera Japan> に最初に表示されました。

元記事を読む