【独自】阿武町4630万円男 「YouTuberヒカルと合流」の真相

【独自】阿武町4630万円男
「YouTuberヒカルと合流」の真相

ヒカルにとっては「金のなる木」

先日、“4630万円男” こと田口翔被告(24)が保釈された。

芸能人などの保釈シーンと同じように、山口南署の正面から黒いスーツ姿で出てくると、自慢のロン毛が強風に煽られて田口被告の顔を覆い隠した。

「その保釈シーンは、切り取り動画で拡散されてバズっていたが、それ以上に注目だったのは、迎えにきたワンボックスカー内で被告を迎え入れたのが、炎上系トップユーチューバーのヒカル(31)だったということ」(情報番組プロデューサー)

そのシーンも各ワイドショーで流れると『なぜヒカルが』『どこにでも足を突っ込むヒカル』とこちらも大バズリ状態に。

そのまま近くのホテルに移動すると、そこでヒカルと田口被告の保釈直後のインタビュー対談動画を配信。

すでに1週間で500万回近い視聴数を記録している。

「もともと、阿武町に返金する分の一部をヒカルが肩代わりしていたのは、すでに報じられていたが、まさか現地まで迎えに来るとは。賛否両論が渦巻いているが、この嗅覚の凄さと行動力の軽さは流石と、賞賛される部分もある」(同前)

今後は、このままヒカルの出資する食品系関連会社で働くというが、当面は山口からのリモートワークとなるようだ。

ヒカルの目の付け所もすごい(YouTubeより)

しかし、パソコンさえまともに使えない程度の田口被告を、リモートで雇っても何の役にも立たないはず。

実際に、日々のツイートでは、タイピングの練習などをするだけの日課票を公開していて『こんなのは仕事ではない』『これで給料もらえるなんて甘やかしすぎ』と、新たな批判の的になっている状態。

「ヒカルが超打算的な人間というのはYouTube業界でも知られた話。方々でも言われているように500万円程度の肩代わりをしようが、スタッフ総出で山口まで行こうが、こんなの企業広告費としてはコスパが良すぎる話。実際に、雇先の食品販売系の企業名は各所で報じられて注文も増えているので、田口の人件費増を考えても得でしかない。ヒカルからすれば格安の広告塔を手にいれたとしか思っていないはずで、旨味を全部出し切らせたら “ポイ捨て” するのでは」(芸能系ITジャーナリスト)

田口被告のTwitterもすでに10万人超えのフォロワー数となっており、近いうちに単独でのYouTubeデビューもヒカルの管理下で予定されているというが……。

ヒカルからしたら、田口被告は4630万を着服した犯罪者ではなく、短期間で4630万円を稼ぎだす『金の成る木』にしか見えてなかったのかもしれない。 (溝田潤之輔)

元記事を読む