ドキュメンタリーが見たい人向け!動画配信サイトを徹底比較

ドキュメンタリーが見たい人向け!動画配信サイトを徹底比較

70view

2018.09.27

動画配信サイトでドキュメンタリーを見る人が増えている

ドキュメンタリーを見るなら動画配信サイト

動画配信サイトというと、ドラマや映画、アニメ作品などが多いイメージがありますが、ドキュメンタリーを配信している動画配信サイトは意外と多いのです。ドキュメンタリーが好きだけれど放送時間に間に合わない、見たかったドキュメンタリーを見逃してしまったという人が利用しています。

ドラマや映画、アニメなどは再放送やDVD化が多いですが、ドキュメンタリー作品は視聴率の良かったもの以外はDVD化しないことが多く、見逃してしまうと二度と見られない内容もあります。

最近では動画配信サイトでドキュメンタリーを取り扱っているサイトが増えていて、見逃してしまったドキュメンタリーを見ることができると人気になっているのです。

動画配信サイトとは

動画配信サイトとは、テレビ放送しているものやオリジナルのドラマなどがインターネットを通して見ることができるサイトのことです。

動画配信サイトには2種類あり、定額サービスで動画や映画などのコンテンツをいくらでも見放題であるサイトと、1コンテンツを見るのに料金を支払うサービスに分かれています。どちらもメリットがありますが、1か月に複数の動画を見る場合は定額サービスの方がお得です。

ドキュメンタリーにはどんなものがあるか

動画配信サイトで見られるドキュメントは、サイトによって異なります。一般的にどのようなものが見られるのかチェックしてみましょう。

  • 動物の生態
  • 宇宙についてのドキュメント
  • 社長やプロジェクトのサクセスストーリー
  • UFOやUMAの機密事項
  • スポーツ選手への密着取材
  • サイエンス関係

動画配信サイトでは特定の番組を一挙配信しているところが多いので、ドキュメンタリーをテレビでしか見たことがない人は楽しめるコンテンツが多いでしょう。

どの動画配信サイトを選べば良いのか?

動画配信サイトは複数あるため、どの動画配信サイトを選べば良いか迷ってしまいますよね。動画配信サイトの選び方としては、「料金」と「ドキュメンタリー作品の数」で選ぶのが一般的です。

動画配信サイトにも得意不得意があり、海外映画を得意としているサイトもあれば国内作品に力を入れているところもあります。選ぶときには、自分が見たい作品がしっかりと見られるサイトなのかを確認する必要があります。

また、動画配信サイトによってさまざまなサービスを行っていて、パソコンやタブレットだけでなくテレビでも見ることができるサイトや、ダウンロードができるサイトなどがあるので、そういったサービスも調べておくと失敗が少ないです。

動画配信サイトは映画やドラマが得意なので、ドキュメンタリー作品中心の動画配信サイトはなく、ほとんどの動画配信サイトでドキュメンタリーの取り扱いがあります。自分が見たいシリーズがあるか、配信ペースや他のサービスなどと一緒に比較検討して決めるようにしましょう。

今回、動画配信サイトのU-NEXT(ユーネクスト)、Hulu(フールー)、dTV(ディーティービー)の3つのサイトを比較してみましたので、ぜひチェックしてみてください。

(1)U-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT(ユーネクスト)とは

U-NEXTは、2009年に動画配信を始めたサイトです。動画見放題とレンタルの両方が行えるので、多くのドキュメンタリー作品を見ることができます。ドラマや映画に加えて、雑誌の読み放題も行っているため幅広いコンテンツとして利用することが可能です。

アクション映画やサスペンス映画、アダルト動画まで配信しています。基本料金が月額1,990円(税込)で、無料体験が31日間利用可能です。気になったときには無料体験期間でどのような動画や映像が見られるのかを確認すると良いでしょう。

他社と比較したときのU-NEXT(ユーネクスト)の強み

U-NEXTは他の動画配信サイトと比較すると月額料金がやや高めです。値段が高めではあるものの、1回の登録で4つのアカウントまで利用が可能。家族4人で同時に動画配信サイトを利用できます。

ドキュメンタリーだけでなく、アニメ作品の配信もあるので子どもも楽しめます。また、U-NEXTは動画のダウンロードが可能です。これは他の動画配信サイトにはないサービスで、気に入ったドキュメンタリー作品をダウンロードして保存できます。

ダウンロードした動画をタブレットなどにデータを落としておけば外出中にも動画を見られますし、その際は動画配信サイトに接続しているわけではないので、ネット接続ができなくても動画が見られます。料金自体はやや高めですが付加サービスが良いので利用している人が多く、ドキュメンタリー作品の取り扱いも豊富です。

(2)Hulu(フールー)

Hulu(フールー)とは

HuluはテレビCMやYouTubeの広告などでよく見かける動画配信サイトです。HJホールディングス株式会社が運営をしており、本社は海外になっています。そのため、海外作品を得意としていて、海外映画・海外ドラマ・海外のドキュメンタリーなどが多く存在します。

吹き替え版や字幕が選べるので、日本で見ているドキュメンタリーとは少し違ったものを見ることが可能です。2011年に日本でサービスを展開しているため、日本作品も取り扱っています。

月額料金は933円(税抜)です。新作料金なども発生しないので、この金額で1か月楽しむことが可能です。なお、無料体験は2週間と短めですが、ドキュメンタリー作品について調べたり実際に見たりするぶんには十分な時間です。

他社と比較したときのHulu(フールー)の強み

先に紹介したU-NEXTの半額の料金で動画や映画を見ることができるのが強みです。また、HD画質になっているので、高画質で映画やドラマ、ドキュメンタリー作品を見ることができるのも強みのひとつです。

Huluの一番の強みは、デバイスを選ばないことです。動画配信サイトはタブレットやスマホ、パソコンなどで見るのが一般的ですが、Huluはテレビでそのまま見ることができます。

テレビにドキュメンタリー作品を映し出せるので、見逃したものも同じように楽しむことも可能。パソコンやタブレットで動画を見ることになれていない人は、Huluが使いやすいかもしれません。

支払いに関しても、クレジットカード払い以外を対応しているので、自動継続にしないということも可能です。見たいときに登録する、が実現できています。

(3)dTV(ディーティービー)

dTV(ディーティービー)とは

dTVは、ドコモが提供している動画配信サービスです。元々ドコモが提供していた「dビデオ」が名前を変えたもので、ドコモユーザーは契約時にdTVの登録をすすめられます。そのため、現在動画配信サービスの中ではdTVを利用している人が一番多いといわれています。

ドコモという名前が付いていますが、ドコモ以外のユーザーも利用することが可能。アプリやサイトで動画を利用するサービスなので、タブレットやスマホで動画を見るのが通常です。

月額料金が500円(税抜)と、今回紹介している動画配信サイトの中では最安値です。新作料金も発生しないので、かなり安価で動画を見ることが可能です。無料お試し期間が1カ月あるので、使い勝手を確認するためにも一度利用してみると良いでしょう。

他社と比較したときのdTV(ディーティービー)の強み

dTVの強みはコストパフォーマンスが良いことで、12万作品を見ることができます。ドキュメンタリー作品はやや少なめですが、170以上のタイトルがあるため、すべて見ようと思ったらかなりの時間がかかります。

また、海外のドキュメンタリー作品はリアルタイム配信になっていることが多いので、見たい番組はその時間にログインしないと見られないという難点もあります。しかし、初めて動画配信サイトを利用するときは安価、アプリで見ることができるので手軽で使いやすいdTVがおすすめです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る